港北区の不動産情報

港北区の不動産を探す

  • 都筑区
  • 港北区
  • 鶴見区
  • 緑区
  • 神奈川区
  • 旭区
  • 瀬谷区
  • 保土ヶ谷区
  • 西区
  • 中区
  • 南区
  • 戸塚区
  • 泉区
  • 磯子区
  • 港南区
  • 金沢区
  • 栄区
  • 青葉区

港北区の不動産・エリア情報

  • ▲円柱のビルがプリンスぺぺ。新横浜の「顔」です。

  • ▲東急東横線「菊名」駅前のようす。東京方面への移動にも重宝。

港北区は、横浜一の人気者!

横浜市で一番人口の多い港北区は、一番の人気を誇る区といっても良いと思います。横浜市の北東に位置する港北区には隣接する川崎市から東急東横線が通り、日吉駅(横浜市港北区日吉2丁目)や菊名駅(横浜市港北区菊名7丁目)など不動産検索の中でも人気の高い駅を経由し、横浜へと続きます。港北区を走る東横線の代表的な駅である日吉駅は東に慶応大学のキャンパス(横浜市港北区日吉4丁目)が広がり、緑豊かな自然を残しています。駅西側の住宅街は放射状に広がりまるで田園調布を連想させるような高級感と利便性を兼ね備えています。

ビジネス街の新名所―新横浜。

港北区の交通アクセスでは2008年3月30日に開業をした横浜市営地下鉄グリーンラインによって港北ニュータウン方面へのアクセスが良くなりました。今尚、変化を続ける新横浜駅には東海道新幹線を利用できビジネスラインとしての役割も果たしています。 港北区を代表とするビジネス拠点としての利用が多く、駅前にはホテルはあるけれども施設がいまひとつというイメージが先行していたのですが、2008年3月開業したキュービックプラザ(横浜市港北区新横浜2丁目)のおかげで週末には買い物客でごった返すくらいの盛況振りを見せています。また新横浜駅周辺は観光名所としても栄え、新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜2丁目)や2002年にFIFAワールドカップ日韓大会の舞台でも使われた日産スタジアム(横浜市港北区小机町)などがあります。車でのアクセスも非常に充実しており、港北区の西側を第三京浜道路が走り、都筑ICや港北IC利用で都内へのアクセスも10分足らずでたどり着けます。利用料金もうれしい低価格なので、週末家族で移動する際などには大変便利な道路です。

港北区で家族と過ごすゆったりライフ。

緑豊かな港北区ですが、南端には防災緑地を兼ねた公園として緑豊かな岸根公園(横浜市港北区岸根町)が広がり、子供たちに人気のアスレチック施設、忍者トリデやひょうたん原っぱなどがあります。週末には横浜市内や港北区にお住まいの方々が利用できる軟式野球場もありナイター施設を利用したサラリーマンなどが仕事帰りに一汗流している姿などを見かけます。港北区の教育施設として港北小学校などをはじめ公立の小学校が25校、中学校は9校あります。小学校に併設する学童クラブやふれあいスクールなども充実しており、共働きのご夫婦のご家庭や夜が遅いお帰りのご家庭などにも広く利用されています。

港北区の不動産をお探しならシティネットへ。