荒川区の不動産情報

荒川区の土地を探す

  • 江戸川区
  • 江東区
  • 葛飾区
  • 墨田区
  • 台東区
  • 荒川区
  • 足立区

荒川区の不動産・エリア情報

  • ▲都電荒川線のようす。

  • ▲日暮里・舎人ライナーなど交通アクセスも良好。

荒川区は子育て王国!!

荒川区は東京の東部に位置していて、隅田川の南部に広がる行政区です。荒川区は江戸時代には農村が多く、荒川の豊かな水源を利用し発展して来た地域です。実は荒川区は東京23区の中でもとても小さな区で、荒川区内にあるその地名が7つしかない事も有名です。こんなに小さい荒川区ですが、行政サービス部門での評価は非常に高くランキングされることが多くなっています。平成20年度に行われた全国自治体ランキングでは「情報化分野」や「教育分野」で全国1位、「子育て環境分野」では全国2位にランキングされています。

すべてを兼ね備えた荒川区の再開発。

荒川区内には、JR山手線・常磐線や都電荒川線、日暮里・舎人ライナーなどの東京都交通局が運営する交通、他にも地下鉄東京メトロ千代田線・日比谷線、つくばエクスプレス線や京成電鉄など多くの鉄道が利用できます。近年注目を浴びているのが南千住駅周辺の再開発です。つくばエクスプレスの開業などとあわせて行ってきた再開発で、その規模は都内でも最大級の開発規模になります。 南千住駅の南側からけやき通り団地へ続くドナウ通りには様々な種類のつつじが咲き乱れ、きれいな街並みを形成しています。けやき通りに建ち並ぶ団地には分譲と賃貸を併せ持つリバーパーク汐入があり、中にはべるぽーと(荒川区南千住8丁目)などの商業施設や都立汐入公園(荒川区南千住8丁目)などもあり、生活しやすく豊かな自然と環境面や駅に近い利便性が人気で注目のエリアです。南千住駅前にはLaLaテラスリブレ京成(荒川区南千住4丁目)やスポーツクラブや多くの飲食店・商業施設が入るウェルシップ(荒川区南千住4丁目)が人気を集めています。

下町情緒で毎日のんびり快適生活。

荒川区には南千住以外にも大きな町が多数ありますが、なんといってもその魅力は東京の情緒を今でも色づく下町の風情にあると思います。荒川区の中心を走る都電荒川線の周辺が代表的な下町ですが、小さな都電荒川線沿いに古くからのお店や住民が住んでいて、今も雰囲気の良い東京の下町を演出しています。また、荒川区はこれらの下町情緒をイメージした「あしたのジョー」や「巨人の星」などの舞台イメージになったことでも有名です。荒川区を代表する公園といえば、荒川区立荒川自然公園(荒川区荒川8丁目)は荒川区内で最も大きい公園で大きな池や子供たちが乗り物を自由に乗れる交通園、豊かな自然の中を散歩する散策路など、家族連れでものんびりとした時間をすごす事が出来る施設がいっぱいです。

荒川区の不動産をお探しならシティネットへ。